FacebookやTwitterなどで「みつばちビレッジ」を応援してください。

“種”が“芽”を出し、“花”が咲き、“実”を結ぶ。

私たち『みつばちビレッジ』は、あたたかい“愛情”によって、元気な“心”を育て、

人と人、そして地域との結びつきにより“絆”を深め、みんなの“夢”が叶うよう、

1人1人の個性を大切に、スタッフ全員、手を取り合い

ご利用される皆様をサポートさせていただきます。

ごあいさつ

『みつばちビレッジ』、現在、特別支援学校に通う子どもを持つ母親たちの

●安心して過ごせる“笑顔いっぱい”の場所

●必要なケアを受けながら心も体も“元気いっぱい”になれる場所

●障がいがある人もない人もみんなが“幸せいっぱい”になれる場所

を作りたいと願う想いからスタートしました。


「これから先、どうやって育てていけばいいの?」

「自分達が旅立ったあと、子どもたちはどうなるの?」

ハンディがある子どもを育てる中で、色々思い悩み、泣いたり笑ったり、子どもと共に学び、そして一緒に乗り越えてきました。


「頑張って生きている子どもたちに、キラキラ楽しい“今”を感じて欲しい!」

「子どもたちが将来、安心して幸せに過ごせる場所を残したい!」


私たちの思いに多くの方々から、励ましのお声やご支援の手を差し伸べていただきました。

1つ1つの“出会い”が私たちに大きな「夢」や「希望」を与えて下さいました。


現在『みつばちビレッジ』には、たくさんの子どもたちの笑い声が響き渡っています。

毎日が、本当にあたたかくて、楽しくて…。

大きな笑顔を見るたびに、幸せな気持ちでいっぱいになります。


「みつばちへ行くと元気になれる!」

「明るく楽しい未来が待っている!」


利用される方々だけでなく、そのご家族、そしてみつばちを訪れる皆さまに、そう思っていただけるよう、1人1人に寄り添い、感謝しながら、これからも歩んで参りたいと思います。


そして、私たちがたくさんの素晴らしい“出逢い”をいただいて今があるように、私たち『みつばちビレッジ』もみつばちが花粉を運んで花を咲かせるように、人と人とをつないで笑顔を咲かせる“出逢い”の場になるように願っております。


一般社団法人 みつばちビレッジ

代表理事 原田 真琴

みつばちビレッジのあゆみ

●平成22年9月30日
 『みつばちビレッジ』設立

●平成24年10月15日
 『一般社団法人 みつばちビレッジ設立』

●平成25年1月7日
 『みつばちキッズ』開所(児童発達支援事業・放課後等デイサービス事業)

●平成25年11月5日
 『みつばちハウス』完成(みつばちキッズ移転)

●平成25年11月17日
 『就労支援B型事業所 みつばちベーカリー』オープン

●平成26年4月11日
 『サポートステーション みつばちパーク』開所
 (児童発達支援事業・放課後等デイサービス事業)