SEO対策に成功した福岡の酒類販売サイト

認知度が上がり販路開拓につながった

SEO対策で得られるメリット / 認知度が上がり販路開拓につながった / リスティング広告ではなくSEO対策で良かった

酒類の検索を実施する人は、マニアといってもよい人が多いのが特徴となります。
一度、サイトを覗いていただくと、何度もアクセスしてくれるのです。
このような特徴を有効に活用したほうが良いというアドバイスを、支援会社からいただきました。
検索サイトの認知度があがり、福岡という九州独自の焼酎や泡盛などの銘柄紹介をすることとなりました。
この施策は、成功し新しい販路開拓にも結びつくこととなりました。
サイトで流す情報を求めて問い合わせをしてくる人が増えました。
お酒という商品の特徴をサイトでアピールすることで、ブランドを高める効果が出てきたことを感じています。
九州・沖縄には多くの種類のいも・ムギ焼酎や多くの名前がついた泡盛が販売されているのです。
サイトを見て、初めて知ったというお客様が多いことに驚きました。
SEO対策で外せないのは、コンテンツを充実させることです。
良質なコンテンツはそのサイトに残り続けることで資産となります。
九州各地の「まぼろしの銘酒」をサイトで紹介することで、お客様によくその存在をアピールできたと考えています。
良質なコンテンツを置き、しっかり技術要件さえ整えておけば、継続的に検索してくれる全国のお客様の存在は、銘酒の仕入れをうながすこととなりました。